新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヘッドホンなしで音楽やゲームを楽しめるデスクトップデバイス——耳元に音波を直接送る技術が生み出す真の3Dオーディオ空間

Noveto Systems via AP

イスラエルのNoveto Systems(以下、Noveto)は、2020年11月13日、特許取得済み技術である「SoundBeaming」を用いた「SoundBeamer」のデモ機を発表した。SoundBeamingによって超音波を介して耳のすぐ外側に「サウンドポケット」を配置し、3D感覚リスニング体験を生み出す。同社初の消費者向けデバイスとなる「SoundBeamer 1.0」は、2021年12月に発売予定だ。

SoundBeamingは、超音波とビームフォーミングを用いて、リスナーの耳のすぐ外側に音を配置するという技術だ。超音波は、Novetoが開発した独自のDSPアルゴリズムを使用して生成され、カスタム設計のトランスデューサーアレイを介して空中に送り出される。ハードウェアに組み込まれた3Dセンシングモジュールがリスナーの耳の位置をリアルタイムで特定して追跡し、超音波は両耳のすぐ外側で小さなサウンドポケットに収束する。そうして、通常の音波として聞くことができる仕組みだ。頭を動かしても、両耳のそばに配置されたサウンドポケットは追従するという。

SoundBeamingを使用すると、さまざまなソースからのオーディオを、スピーカーやヘッドホンを使用しなくてもプライバシーを守って聞くことができ、音は自分にしか聞こえないので他の人の邪魔をすることもない。ビデオ会議、映画やゲームのほか、自動車を運転中のナビゲーションやフィットネストレーニング中のオーディオを聞く際にも、ヘッドホンが不要で、外界の音を遮断することもない。また、音が耳元に直接送られるため、はるかに感覚的かつ自然に聞くことができ、空間的な3Dサウンドを体験できるという。

SoundBeamerには、スタンドアロンで使えるハードウェア製品とサードパーティ製品向け組み込みソリューションの2つがある。SoundBeamer 1.0は小型のデスクトップユニットで、主にビデオ会議用に設計されているがあらゆるオーディオに使えるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」
  2. Raspberry Piの入力チャネル数を拡張する「16-INPUTS for Raspberry Pi」
  3. 3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY
  4. 産業用パソコンを手軽にIoT化——ソラコム、「SORACOM Onyx LTE USBドングル」発売
  5. Raspberry Piを使いこなすためのレシピ集「Raspberry Piクックブック 第3版」を刊行
  6. スイスの企業がハイブリッドeVTOL/eSTOLのプロトタイプを開発
  7. micro:bitで小型モーターを回そう——RSコンポーネンツ、「DFRobot 開発キット」発売
  8. 最高時速620km——中国が新型リニアモーターカーの試作機を公開
  9. 前後カメラを搭載——ヘルメットに後付けできるAR HUDスマートドライブシステム「Argon Transform」
  10. ダッソー・システムズ、「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」のメイカー/学生向け新オファー2種を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る