新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Desktop Metal、脱脂装置が不要の金属3Dプリンター「Studio System 2」を発表

Desktop Metalは2021年2月2日(現地時間)、オフィス内に設置可能な金属3Dプリンター「Studio System」の新製品「Studio System 2」を発表した。試作や小ロット生産に適している。

photo

Studio System 2は、独自のBMD(Bound Metal Deposition)方式を採用した金属3Dプリントシステム。従来製品の「Studio System +」は、3Dプリンター、デバインダー、焼結炉の3システムで構成していたが、新製品では材料の改良により、デバインド(脱脂)と焼結工程を統合。3Dプリンターと焼結炉のみで部品作製ができるようになり、システムのフットプリントを削減した。

また、新しい印刷プロファイルやインタフェース層材料の再設計により焼結時の収縮を均一にし、完成までの試行錯誤を最小限に抑えている。最高温度1400℃で焼結した部品は鋳造品と同等の機械的特性を備え、表面粗さや寸法精度も向上している。印刷から焼結までのワークフローは「Fabricate」ソフトウェアによる自動制御だ。

photo

最大造形サイズは30×20×20cmで、積層ピッチは50~300μm。プリンターの本体サイズは94.8×82.3×52.9cm、重量は97kg。焼結炉の本体サイズは161.8×138.0×75.4cm、重量は798kgだ。

2021年第1四半期の出荷を予定している。現在はステンレス鋼(SUS316L)が造形可能で、それ以外の材料も年内に公開予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る