新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハンズフリーでLINEを確認、音声で読み上げるヒアラブルデバイス「Zeeny Pro」発売

ネインは、これまで業務用だった同社のヒアラブルデバイス「Zeeny Pro」を一般に向けても販売すると発表した。

Zeeny Proを使えば、車での移動中やテレワーク中でも、ハンズフリーでLINEや通知の確認などが可能だ。Zeenyアプリの音声読み上げ機能と連携させると、LINEやメッセンジャーなどの新着メッセ-ジを音声化し、その内容を読み上げてくれる。

ヘッドセットは片耳形で、右耳と左耳どちらでも利用可能だ。耳の穴を完全に塞がない半オープン型であり、作業中でも周囲の音を確認できる。本体重量は15gと軽量なので、長時間の使用や装着でも耳への負担を抑えられる。マイクブーム(7.5cm)は角度を約210度変えられ、口元に合わせて位置を調整できる。最大約9時間の連続通話が可能だ。

利用シーンとして挙げているのが、フードデリバリーなどの車/自転車による運転中の使用だ。アプリ通知の読み上げ機能によって、いち早く仕事依頼に気づけるなどのメリットがある。また、地図の道案内も音声で聞けるため、スマホを操作する必要がなく、安全/効率的に業務を遂行できる。コロナ禍で普及しているテレワークでの利用も想定している。

対応OSはAndroid 6.0/iOS 10以上。販売価格は6600円だ(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る