新しいものづくりがわかるメディア

RSS


宇宙ロボットスタートアップのGITAI、総額18億円の資金調達を実施

宇宙用汎用作業ロボットを開発するGITAI Japanは、シリーズBラウンドとして総額18億円の資金調達を完了したと発表した。

photo

同社は、宇宙ステーションや月や火星での汎用作業ロボットの研究開発とRaaS(Robotics as a Service)の提供を目指す日本のスタートアップだ。

月面資源開発や火星探査、ISSの商業化など宇宙開発が加速する中、新たな宇宙ステーションや月面や火星基地の建設、スペースデブリ除去など宇宙空間でのさまざまな作業が急増することが見込まれる。ところが汎用的な作業であっても人体へのリスクを抱えながら宇宙飛行士が行っており、その育成や輸送に莫大なコストがかかっているのが現状だ。こうした課題に対して、GITAIでは、宇宙飛行士の負担やリスクを軽減し、かつ宇宙空間作業にかかる輸送、育成などの総コストを飛躍的に削減できる、宇宙開発における安全と安価を高度に両立可能な汎用作業ロボットを開発している。

資金調達した総額18億円は、主に宇宙船外対策のための開発費や人件費、2023年実施予定の軌道上船外技術実証の実証実験費、米国市場進出のための人件費に使用する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る