新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Nature、電力の需要供給に応じて電気代が変動する「Natureスマート電気」提供開始

Natureは、東京電力、関西電力エリアの家庭を対象に、電力小売サービス「Natureスマート電気」の提供を2021年3月1日より開始した。

photo

Natureスマート電気は、電力の需要供給に応じて電気代が変動するプランを採用し、「電気を賢く使う」新しい電気のカタチを提案する。ユーザーはマイページから翌日の電力量料金単価(1kWhあたり)を確認することができ、電気代が高い時間には家電の利用を控え、電気代が安い時間に消費電力の大きい洗濯機や乾燥機を使うことで、電気代を節約できる。

電気代を節約することで、電力需要のピーク分散に繋がるため、火力発電所の不要な稼働を減らし、温暖化の原因となる温室効果ガスの排出削減に寄与する。

photo

昨今懸念されている電力卸売市場価格高騰のリスクを鑑みて、電力購入料の上限価格を100円(他に託送料金、再エネ割賦金、事業運営費が必要)に設定することで、リスクが限定的になるよう設計されている。

2021年5月にはスマートリモコン「Nature Remo」との連携を予定しており、その日の電力量料金単価に応じた家電の自動操作が可能となる。電気代が高くなる時間にエアコンが反応し、事前に設定しておいた温度や風量に自動調節することなどもできるという。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る