新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンターから出る有害物質が気になる人へ——エンジニアが空気清浄ユニットをDIY

米オハイオ州のエンジニアであるMike Buss氏は、3Dプリンター向けの空気清浄ユニットを製作した。「そもそも必要なかったかもしれない」マイコン、ファン、多数のセンサーを搭載し、「かなりやりすぎたシステム」と認めつつ、「とても楽しかった」と話している。

Buss氏には現在、生後3ヵ月の男の子がいる。3Dプリンター「Ultimaker S3」を買ったときに気になったのは、印刷時に排出される有害物質や微粒子が、健康に影響を与えるかもしれないということだ。故障したら発火する恐れもある。家には火災報知器もあり、3Dプリンターを使うときは窓を開けている。それでも、より安全にプリンターを使うため、Buss氏は自ら空気清浄システムを作製した。

プリンターの上部にチャンバーを乗せ、内部にはファン、HEPAフィルター、カーボンフィルター、Arduinoベースの制御基板を設置。温度、湿度、空気質センサー、火災警報器も備える。チャンバーはホームセンターで購入したレキサンシートを切断し、3Dプリンターで印刷したパーツで接続した。

ファンは印刷のスタート/ストップに合わせて動作する。回転速度はPWMで制御できるが、将来的には、センサーデータを使って自動調整したいという。万一、発火を検知した場合は、プリンターの電源を切断し、アラームが鳴るようになっている。

このシステムのおかげで、家族も安心感を得たようだ。Buss氏は製作過程や使用した部品をWeb上で公開している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  5. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  6. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  7. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  8. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  9. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る