新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ミニ四駆を自由自在に走らせよう——ミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」

ミニ四駆にスマートフォンでコントロールできるステアリング機構を後付けするミニ四駆ラジコン化キット「ESPレーサー」がkibidangoでプロジェクトを開始した。

photo

ESPレーサーは、従来直進しかできないミニ四駆をラジコン操作で前後左右に自在に動かせるようにするキットだ。スマートフォンと通信するためのマイコン「ESPコントロール基板」と、ミニ四駆を左右に曲がるようにするための「ステアリングパーツ」から構成されている。「bCoreレーサー」として提供していたキットのバージョンアップ版となる。

photo

今回、ラジコン操作するためのWebアプリにプログラミング機能を追加。JavaScriptを使ったプログラミング走行も可能だ。また、コントロール基板も、通信モジュールにESP32を採用したり、電源回路を強化したりするなどの改良を施した。ESP32開発ボードをベースに基板設計しているためArduinoと同じ要領で開発でき、さまざまなセンサーを取り付けての自動走行なども可能になるという。

photo
photo
photo

kibidangoでは目標金額70万円で、2021年3月30日までプロジェクトを実施中。支援およびリターンは、【早割 10%OFF】ワイルドミニ四駆専用 「ESPレーサー」キット 1セット8800円、【早割 10%OFF】MAシャーシ専用 「ESPレーサー」キット 1セット8800円、【早割Wセット割 18%OFF】ワイルドミニ四駆とMAシャーシそれぞれ1台ずつ1万6000円(いずれも税込)などが用意されている。

2021年3月3日時点で、約11万円の支援が集まっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る