新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ドライヤーで温めると変形させられる——3Dプリンター用感温性フィラメント「TRF+Hフィラメント」

FFF(熱溶融積層)式3Dプリンター用の感温性フィラメント「TRF+Hフィラメント」が、Kickstarterで出資を募っている。

TRF+Hフィラメントは出力後、ドライヤーなどで45℃以上に温めると柔らかくなり、形状を変えられることが特徴だ。造形後は室温にて数分で硬くなり、さまざまな用途に使用できる。

リハビリ現場で用いるサポーターを患者の身体形状に合わせてフィッティングしたり、フィギュアのポーズを変更したりすることも可能だ。造形する際、インフィルパターンや充填率を設定できる特徴を生かし、通気性の高いものやあらゆる方向に伸縮する特性を持ったものを製作できる。

開発/製造はユニチカが担当。同社は2017年に感温性フィライメント「TRF」をリリースしたが、曲げ加工では素材に大きな変形が加わるため割れやひびが入ることがあり、曲げ加工性(耐割れ性)を改善すべく材料開発を続けてきた。

また、共同研究者として参加しているファブラボ品川は、実社会でのアプリケーション例を模索し、3Dプリンターで製作するPPC(Post Process Customization)サポーターの開発研究成果を学会発表している。

同施設は2020年12月に、「3Dプリンタでつくる自助具プラットフォーム」を同施設のホームページ内にローンチしている。

Kickstarterではリワードなしで500円からの寄付を募っているほか、TRF+Hフィラメント(50g)がリワードとなる1000円のプラン、TRF+HフィラメントとサポーターのSTLファイルとのセットがリワードの2000円のプランなどを用意している。

TRF+Hフィラメントは2021年5月2日まで、Kickstarterでクラウドファンディング中だ。目標金額は85万円で、All or Nothing方式のため目標額に達した場合にファンディングが成立する。成立した場合、リワードの発送は2021年7月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiをFAに活用——コンテック、計測制御用HAT「CPIシリーズ」発売
  2. ステンレスにも刻印できる準産業グレードのレーザー加工機「LaserPro」
  3. トンボをヒントにした羽ばたき式飛行機を開発
  4. 燕三条発——黒酸化加工ステンレス製シェラカップがMakuakeに登場
  5. 体温をバッテリーに利用する、自己修復型ウェアラブル熱電発電機を開発
  6. プログラミング上級者は脳活動が洗練されている——コード解析時の脳活動パターンが明らかに
  7. スイッチサイエンス、植物栽培向けM5Stack用水分測定センサ付き給水ポンプユニットを発売
  8. FLINT、M5Stackをパネルにマウントするためのキット開発
  9. 学生起業→就職→渡米を経て建機スタートアップ起業 ARAV白久レイエス樹が歩んだ10年
  10. ドローンを使った果樹収穫サービス——AI技術を活用して市場に出せる果実を選別して収穫

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る