新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ペットにいつもきれいな水を——ペット用自動循環式給水器「ALNPET+」

ペット用自動循環式給水器「ALNPET+」がKickstarterに登場し、1日で目標額の調達に成功している。

photo

ALNPET+は、水を循環させフィルターなどで汚れや菌を取り除くペット用の自動水やりマシン。ペットにいつもきれいな水を提供し、近づくと噴水のように水が湧き出することでペットの興味を引き付ける。

photo

通常のペット用水入れは、食べカスが浮き、菌が増殖しやすいためペットの健康に良くない。また循環式の給水器でも、大きな食べカスは取り除けても、細かな物質や菌までは取り除けないものも少なくないという。

photo

ALNPET+は、細かな物質まで取り除く4層構造のフィルター、ウイルスを滅菌する波長254nmのUVC紫外線、防臭や殺菌効果のあるナノシルバー活性フィルターで、水の浄化作用を徹底的に高めている。

photo

本体にはモーションセンサーを搭載し、ペットが1.5m以内に近づくと動作を開始する。近づくと噴水のように水が湧き出すため、ペットの興味を引き付け、積極的に水を飲むようになるという。タンクの水が少なくなると自動でストップし、赤ランプの点滅で知らせる。水を上からそのまま入れるだけで、簡単に補充ができる。

photo

構成部品はABS/PC製で、シンプルな構造のため容易に水洗いが可能。色は、グレイシャーホワイトとアークティックブルーから選べる。本体のサイズは190×215×175mmで、重さは1.1kg、タンク容量は2.5リットルだ。電源は、100~240Vに対応する。

photo

ALNPET+の予定小売価格は149ドル(約1万6300円)で、今なら数量限定の早割価格105ドル(約1万1500円)で入手できる。フィルター×2、ナノシルバーフィルター、電源用USBケーブル(Type A)が付属する。2021年5月の出荷を予定しており、30ドル(約3270円)で日本への出荷に対応する。

ALNPET+は、2021年4月23日までクラウドファンディングを実施中。4月12日時点で、5000ドル(約55万円)の目標額を大幅に上回る約11万9000ドル(約1314万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る