新しいものづくりがわかるメディア

RSS


超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始

マルツエレックは、超小型ボード「Raspberry Pi Pico」の取り扱いを開始した。

photo

Raspberry Pi Picoは、Arm Cortex-M0+デュアルコア(最大動作周波数133MHz)のRP2040を搭載し、Flashメモリー2MB、1.8~5V入力に対応する電源IC、USB/GPIO/PIO/シリアルワイヤデバッグ(SWD)などのインターフェース、温度センサー、SPI/I2C/UARTなどの通信機能、12bitのADC、タイマーなどを備えたマイコンボードだ。

photo

一般的なRaspberry Piと異なり、ストレージ用のSDカードはなく、LinuxなどOSは搭載できず、Wi-Fiにも非対応だ。Python(MicroPython)やC/C++で作ったプログラムを、USB Flashから専用のバイナリファイルとしてPicoにコピーすることでソフトウェアの書き込みができる。

photo

製品サイズは21×51.3×3.9mm、重さ約3g。電源は1.8~5.5V、IO電圧は3.3V。税込価格は550円だ。

Raspberry Pi Picoは人気が高く、現在品切れや在庫薄の店舗が多くなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  6. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. ラズパイでRFIDを使う——UHF帯RFID拡張ボード「UHF RFID」シリーズ
  10. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る