新しいものづくりがわかるメディア

RSS


超小型なRaspberry Pi——RP2040を搭載した「Raspberry Pi Pico」、マルツでも取り扱い開始

マルツエレックは、超小型ボード「Raspberry Pi Pico」の取り扱いを開始した。

photo

Raspberry Pi Picoは、Arm Cortex-M0+デュアルコア(最大動作周波数133MHz)のRP2040を搭載し、Flashメモリー2MB、1.8~5V入力に対応する電源IC、USB/GPIO/PIO/シリアルワイヤデバッグ(SWD)などのインターフェース、温度センサー、SPI/I2C/UARTなどの通信機能、12bitのADC、タイマーなどを備えたマイコンボードだ。

photo

一般的なRaspberry Piと異なり、ストレージ用のSDカードはなく、LinuxなどOSは搭載できず、Wi-Fiにも非対応だ。Python(MicroPython)やC/C++で作ったプログラムを、USB Flashから専用のバイナリファイルとしてPicoにコピーすることでソフトウェアの書き込みができる。

photo

製品サイズは21×51.3×3.9mm、重さ約3g。電源は1.8~5.5V、IO電圧は3.3V。税込価格は550円だ。

Raspberry Pi Picoは人気が高く、現在品切れや在庫薄の店舗が多くなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 放射冷却と太陽熱暖房を組み合わせたハイブリッドシステムを開発——無電源で室内を冷却し、太陽エネルギーで水を加熱
  3. 自分で作って遊ぶ「ルアープラモ」、金型屋さんのやりがいも爆釣りか
  4. 応募数120件——3Dプリント猛者が集った「もじゃコン」の結果を発表
  5. 芝刈りや水やりもお任せ——スマートガーデニングロボット「Yardroid」
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  8. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  9. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  10. XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る