新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、「Raspberry Pi/Jetson Nano/NX用モノクロデュアルカメラアレイボード」発売

スイッチサイエンスは、「Arducam OV2311搭載Raspberry Pi/Jetson Nano/NX用モノクロデュアルカメラアレイボード(2MP×2)」と「Arducam OV9281搭載Raspberry Pi/Jetson Nano/NX用モノクロデュアルカメラアレイボード(1MP×2)」を発売した。

photo

同期する2つのモノクログローバルシャッター搭載のイメージセンサーを採用した2種類のカメラアレイボードは、Raspberry Pi(Picoを除く)、Jetson Nano/Xavier NX用のステレオカメラモジュールだ。マザーボード上のMIPI CSI-2コネクタへ直接接続が可能で、V4L2カメラドライバプラットフォームで動作する。

photo

両製品共に製品サイズは105×24×22.5mm。フォーカス固定、フォーカスレンジが30mm~無限大、1.0mmピッチと0.5mmピッチのFPCケーブルが含まれる。

photo

2×2メガピクセルのイメージセンサーOV2311を搭載したカメラアレイボードは、画面サイズが1600×1300、センサーサイズが1/2.9インチ。出力フォーマットは8ビット/10ビットRAW、最大出力フレームレートは2×30fps(1600×1300)。レンズはデフォルト低歪みM12レンズ(M27280M07S)で、税込価格は1万9642円だ。

photo

2×1メガピクセルのOV9281イメージセンサーを搭載したカメラアレイボードは、画面サイズが1280×800、センサーサイズが1/4インチ。出力フォーマットは8ビット/10ビットRAW、最大出力フレームレートは、Jetson Nano/NX:60 fps、Raspberry Pi:50 fps(1280×800)。レンズはM12レンズで、税込価格は1万3095円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  3. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  4. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  7. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  8. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る