新しいものづくりがわかるメディア

RSS


低コストでMicroModに対応——スイッチサイエンス、「SparkFun MicroMod RP2040プロセッサボード」発売

スイッチサイエンスは、RP2040マイクロコントローラーとデジタルインターフェースを搭載した「SparkFun MicroMod RP2040プロセッサボード」を発売した。

MicroModは、M.2コネクタを利用して、マイクロコントローラーの「プロセッサボード」をさまざまな「キャリアボード」周辺機器に接続するモジュラーインターフェースエコシステムだ。

MicroMod RP2040プロセッサボードは、最大動作周波数133MHzのデュアルコアARM Cortex M0+プロセッサ搭載。2つの対称型コアを持ち、内部の帯域幅が広いため、信号処理やビデオに有効だ。264KBの内蔵SRAMを6バンク搭載し、ボードには外部フラッシュチップが追加されている。

MicroMod RP2040プロセッサボードで利用できるインターフェースは、プログラミング/デバッグ専用USB(ホスト対応)、UART、I2C、SPI、GPIOデジタルピン、アナログピン、PWM、128Mbit/16MB(外部)フラッシュメモリ、ステータスLED、VINレベルADCだ。

C/C++とMicroPythonの両方のクロスプラットフォーム開発環境に対応し、ランタイムデバッグにもアクセスできる。税込価格は1792円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る