新しいものづくりがわかるメディア

RSS


低コストでMicroModに対応——スイッチサイエンス、「SparkFun MicroMod RP2040プロセッサボード」発売

スイッチサイエンスは、RP2040マイクロコントローラーとデジタルインターフェースを搭載した「SparkFun MicroMod RP2040プロセッサボード」を発売した。

MicroModは、M.2コネクタを利用して、マイクロコントローラーの「プロセッサボード」をさまざまな「キャリアボード」周辺機器に接続するモジュラーインターフェースエコシステムだ。

MicroMod RP2040プロセッサボードは、最大動作周波数133MHzのデュアルコアARM Cortex M0+プロセッサ搭載。2つの対称型コアを持ち、内部の帯域幅が広いため、信号処理やビデオに有効だ。264KBの内蔵SRAMを6バンク搭載し、ボードには外部フラッシュチップが追加されている。

MicroMod RP2040プロセッサボードで利用できるインターフェースは、プログラミング/デバッグ専用USB(ホスト対応)、UART、I2C、SPI、GPIOデジタルピン、アナログピン、PWM、128Mbit/16MB(外部)フラッシュメモリ、ステータスLED、VINレベルADCだ。

C/C++とMicroPythonの両方のクロスプラットフォーム開発環境に対応し、ランタイムデバッグにもアクセスできる。税込価格は1792円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る