新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Pi4とPoE+対応を追加——Raspberry Pi財団「Raspberry Pi PoE+ HAT」発表

Raspberry Pi財団が2021年5月24日、Raspberry Pi 4に対応したPoE+(プラス)アドオンボード「Raspberry Pi PoE+ HAT」を近日中に発売すると発表。国内ではスイッチサイエンスが取り扱いを発表している。

photo

Raspberry Pi PoE+ HATは、現在販売中のPoEアドオンボード「Raspberry Pi 3 Model B+用PoE HAT」の後継製品だ。PoEの上位互換の位置づけであるPoE+にも対応し、Raspberry Pi本体を冷却するためのファンも搭載されている。

photo

PoE+にも対応したことで供給できる電流が増加し、Raspberry Pi 4での安定した利用が可能となった。ピン配置などはそのままで、基板の縦横サイズや最大高も同じ(ファン部)だ。

photo

Raspberry Pi 3 Model B+やRaspberry Pi 4 Model BなどのPoEピンに接続して使用する。イーサネットネットワーク上にPoE対応のスイッチングハブやインジェクターを用意することで、LANケーブル経由でRaspberry Piに電力を供給できる。

photo

IEEE 802.3af-2003 PoEとIEEE 802.3at-2009 PoE+に対応。入力は37~57VDC、Class 4 device。出力は5VDC/4A。冷却ファンは25×25mmのブラシレスファンで、風量が2.2CFM。

完全絶縁スイッチモード電源で、ファンコントロールが可能。スイッチサイエンスでの税込価格は3180円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る