新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フルカーボンの軽量ボディ——3Dプリント製電動キックボード「Scotsman」

クラウドファンディングサイトIndiegogoで、カーボンファイバー製電動キックボード「Scotsman (スコッツマン) 」が資金調達を開始した。

photo

Scotsmanは、身長、体重、ライディングスタイルに応じてカスタム3Dプリントで製作される電動キックボード。AREVOの産業用大型3Dプリンター「AQUA」を使用し、可塑性カーボンファイバー複合素材を使ったフルカーボンファイバー製だ。2つの独立したバッテリーベイを備え、スペアバッテリーを追加することで航続距離を2倍にできる。ナビゲーション機能を装備し、Bluetoothや携帯通信網を使ってロックの解除なども可能だ。

photo

10インチチューブタイヤ、ブレーキ、LEDライト、液晶ディスプレイ、フロントカメラ、GPSなどを装備し、出力や最高速度が異なる3機種「SCOTSMAN 500」「SCOTSMAN 1000」「SCOTSMAN 2000」が用意されている。最高速度は30~73km/h、航続距離は113km、登坂角度は17~27°だ。

photo

日本での公道走行を可能にするため、ライト、リフレクター、ウインカー、バックミラー、ナンバープレートを装備した日本仕様も製作。原付1種として公道を走行するには、普通自動車免許または原動機付自転車免許、ヘルメット、自動車賠償責任保険などが必要だ。

photo

販売価格は、SCOTSMAN 500が1599ドル(約17万5000円)、SCOTSMAN 1000が1799ドル(約19万7000円)、SCOTSMAN 2000が2299ドル(約25万2000円)(送料別)で購入できるコースなどが用意され、2021年12月に配送開始予定だ。

photo

Indiegogoで2021年5月27日よりキャンペーンを開始し、6月1日時点で目標額10万ドル(約1100万円)の3倍を超える37万ドル(約4100万円)以上を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る