新しいものづくりがわかるメディア

RSS


フルカーボンの軽量ボディ——3Dプリント製電動キックボード「Scotsman」

クラウドファンディングサイトIndiegogoで、カーボンファイバー製電動キックボード「Scotsman (スコッツマン) 」が資金調達を開始した。

photo

Scotsmanは、身長、体重、ライディングスタイルに応じてカスタム3Dプリントで製作される電動キックボード。AREVOの産業用大型3Dプリンター「AQUA」を使用し、可塑性カーボンファイバー複合素材を使ったフルカーボンファイバー製だ。2つの独立したバッテリーベイを備え、スペアバッテリーを追加することで航続距離を2倍にできる。ナビゲーション機能を装備し、Bluetoothや携帯通信網を使ってロックの解除なども可能だ。

photo

10インチチューブタイヤ、ブレーキ、LEDライト、液晶ディスプレイ、フロントカメラ、GPSなどを装備し、出力や最高速度が異なる3機種「SCOTSMAN 500」「SCOTSMAN 1000」「SCOTSMAN 2000」が用意されている。最高速度は30~73km/h、航続距離は113km、登坂角度は17~27°だ。

photo

日本での公道走行を可能にするため、ライト、リフレクター、ウインカー、バックミラー、ナンバープレートを装備した日本仕様も製作。原付1種として公道を走行するには、普通自動車免許または原動機付自転車免許、ヘルメット、自動車賠償責任保険などが必要だ。

photo

販売価格は、SCOTSMAN 500が1599ドル(約17万5000円)、SCOTSMAN 1000が1799ドル(約19万7000円)、SCOTSMAN 2000が2299ドル(約25万2000円)(送料別)で購入できるコースなどが用意され、2021年12月に配送開始予定だ。

photo

Indiegogoで2021年5月27日よりキャンペーンを開始し、6月1日時点で目標額10万ドル(約1100万円)の3倍を超える37万ドル(約4100万円)以上を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 全てのヘッドホンをスマートヘッドホンに変換する技術を開発
  2. 800種類の電子パーツを紹介——日経BP「ラズパイ工作 パーツ大全 2021-2022」発刊
  3. CAMPFIREに登場、国産3Dプリンター「Leee」の造形物の長さは「理論上は無限」
  4. 太陽エネルギーを長期間貯蔵できる液体「太陽熱燃料」開発プロジェクト
  5. フィギュアの肌を美しく——Bfull、3Dプリントによる美肌表現技術を開発
  6. 会社を辞めて、カセットテープDJ装置を製品化することにしました
  7. ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売
  8. 64ビットRISC-Vチップを搭載したLinuxボード「Nezha」
  9. MIT、古文書を未開封のまま解読する手法を開発——300年前のセキュリティを解析
  10. 街中での使用に特化した小型の風力タービン——日照日数が少ない地域ではソーラーパネルより安価でより多く発電可能

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る