新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソニーのIoTブロック「MESH」がChromebookで使用可能に

ソニーマーケティングは、IoTブロック「MESH」がChromebookで利用可能となる「ブラウザ版MESHアプリ」の提供を2021年6月2日から開始する。

「MESH」は、人感センサーや温度センサーなどの機能ごとのブロックと、身近なものとを組み合わせることで、生活に身近な仕組みを手軽に作れるプログラミングツールだ。

ブラウザ版MESHアプリは、ChromeブラウザからMESHアプリのページにアクセスするだけで使用できる。Chrome OSの対応バージョンは89以降。操作端末の接続には、MESH専用の中継器「MESHブリッジ」(2020年6月に提供開始)が必要となる。

MESHの利用時はMESHブロックとのBluetooth接続(ペアリング)が必要だが、ブラウザ版ではMESHブリッジにペアリング設定が保存される。そのため一度ペアリング設定を実行すれば、使用する端末とブロックの組み合わせを変更した場合でも、再ペアリング設定が不要だ。

同社は併せて、「Android版MESHアプリ」(2016年提供開始済み)をChrome OSでも動作できるよう、2021年夏に対応プラットフォームを拡張する。これにより、iOSやiPadOS、Android、Windows搭載端末に加えて、ChromebookでもMESHを利用できる。

今後のアップデートで対応する予定なのは、レシピの書き出しおよび読み込みやMESHブロックのアップデート、「Gmail」や「IFTTT」「Philips Hue」などの他ツール連携、カスタムブロックやMESHハブなどのログインが必要な機能だ。

MESHブリッジ MESHブリッジ

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る