新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売

ケイエスワイは「Tiny2040 RP2040 開発ボード」を販売開始した。同製品は、「Raspberry Pi Pico」に搭載するマイコン「RP2040」を採用したマイコンボードだ。

CPUとしてデュアルコアの「ARM Cortex-M0+」と、8MBのフラッシュメモリーも搭載。本体寸法は約22.9×18.2×6mmと切手ほどのサイズであるため、ポータブルデバイスやウェアラブルデバイスへの組み込みに適するとしている。

ブートボタン、リセットボタン、RGB LEDが付属し、電源などの入出力ポートとしては「USB-type C」を搭載。PythonやC、C++で作られたプログラムが実行できる他、SWDポートで接続した上での直接対話型プロンプト(REPL)でコードを実行することも可能だ。

Raspberry Pi Picoと同様に、SPI、I2C、UART、PWMといった入出力に加え、12ビット ADC(アナログデジタルコンバータ、500ksps)や、プログラマブルI/Oなども搭載する。これらの入出力は基板のエッジ端子から使用可能だ。なおこのエッジ端子には、Raspberry Piと同じ2.54mmピッチピンヘッダーを実装できる。

ケイエスワイでの販売価格は1375円(税込)。

開発ボードの概要 開発ボードの概要

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る