新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ちっちゃい! 切手サイズの「Tiny2040 RP2040 開発ボード」、ケイエスワイが販売

ケイエスワイは「Tiny2040 RP2040 開発ボード」を販売開始した。同製品は、「Raspberry Pi Pico」に搭載するマイコン「RP2040」を採用したマイコンボードだ。

CPUとしてデュアルコアの「ARM Cortex-M0+」と、8MBのフラッシュメモリーも搭載。本体寸法は約22.9×18.2×6mmと切手ほどのサイズであるため、ポータブルデバイスやウェアラブルデバイスへの組み込みに適するとしている。

ブートボタン、リセットボタン、RGB LEDが付属し、電源などの入出力ポートとしては「USB-type C」を搭載。PythonやC、C++で作られたプログラムが実行できる他、SWDポートで接続した上での直接対話型プロンプト(REPL)でコードを実行することも可能だ。

Raspberry Pi Picoと同様に、SPI、I2C、UART、PWMといった入出力に加え、12ビット ADC(アナログデジタルコンバータ、500ksps)や、プログラマブルI/Oなども搭載する。これらの入出力は基板のエッジ端子から使用可能だ。なおこのエッジ端子には、Raspberry Piと同じ2.54mmピッチピンヘッダーを実装できる。

ケイエスワイでの販売価格は1375円(税込)。

開発ボードの概要 開発ボードの概要

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る