新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、Raspberry Pi Pico用ディスプレイモジュール2種を発売

スイッチサイエンスは2021年6月10日、Raspberry Pi Pico用のディスプレイモジュール2種を発売した。

2種のうち「Raspberry Pi Pico用1.3インチOLEDディスプレイモジュール」は解像度64×128ピクセル、4線式SPI/I2Cインターフェースに対応した1.3インチOLEDディスプレイだ。

ドライバーにはSH1107を採用。本体上部にユーザーボタン2個を備えており、動作電圧は3.3V、表示サイズは29.42×14.70mm、寸法は52×25mmで、価格は1892円(税込)。

もう一方の「Raspberry Pi Pico用1.14インチLCDディスプレイモジュール」は65K RGBカラーに対応した、解像度240×135ピクセルの1.14インチLCDディスプレイだ。

ドライバーにはST7789を採用。4線式SPIインターフェースに対応しており、ユーザーボタン2個とジョイスティックを備えている。動作電圧は2.6~5.6V、表示サイズは24.91×14.86mm、寸法は52×25mmで、価格は1705円(税込)だ。

なお、どちらの製品にも開発リソースやマニュアルが付属する(Raspberry Pi Pico C/C++、 MicroPythonサンプル)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る