新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ねこ用スマートトイレ「トレッタ」が本体無料のサブスクサービス開始

トレッタキャッツは、健康管理機能を備えたカメラ付きねこ用スマートトイレ「トレッタ」のサービスをリニューアルし、月額980円(税抜)のヘルスチェックサービスとした。

photo

トレッタは、ねこがトイレに行くたびにセンサーが感知して、体重や尿量、尿回数、入室回数、滞在時間、経過時間を自動計測。獣医師と共同開発したアルゴリズムによって、体重や尿量の変化をスマートフォンに通知し、ねこの体調変化に気づくきっかけを与える。独自の「AIねこ顔認識技術」を搭載したカメラによって、多頭飼いの場合でも個々のねこの情報を管理できる。また、トイレのたびにその様子を動画と静止画で自動記録する「にゃんこセルフィー機能」も搭載する。

photo

従来、価格2万1780円で販売していた本体を無料にし、本体1台あたり1078円(いずれも税込)の月額料金のみで利用できるようにした。同時に、従来の「toletta」から「Toletta」へ表記を変更した。

photo

同社が調査したところ、ねこの健康を気遣う飼い主が多いにも関わらず、最もかかりやすい病気(下部尿路疾患)を知らなかったり、発見が遅れて後悔するケースが多かったという。こうした状況を踏まえ、ねこの飼育の初心者のみならず、より多くの飼い主に、ねこの健康について正しく知り、考えてもらうきっかけになってほしいという思いから、今回のリニューアルを実施した。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る