新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アバターロボットで社会課題を解決——「ugoオープンイノベーションプログラム」募集開始

アバターロボット「ugo」を開発するugoが、同ロボットの新たな可能性の創造と社会課題を解決するための「ugoオープンイノベーションプログラム」を開始し、共創パートナー企業を募集している。

photo

遠隔操作が可能なアバターロボットとして開発されたugoは、すでに警備ロボットとして社会実装に成功している。これまでさまざまな施設で実証実験を重ね、オフィスや工場などで走行でき、アームを使ってのメーターの確認や簡単な機械操作も可能だ。また、エレベーターに乗り込み、ボタンを操作して自動でフロア移動することもできる。

photo

今回のプログラムでは、「点検」および「配送」の2つのテーマで共創パートナー企業を募集する。点検テーマでは、工場やプラントなどの各種施設での見回りや点検業務を、人に替わってロボットを使って遠隔から行うことに挑戦する。工場などの点検に加えて、メーター監視なども視野に入れる。

配送テーマでは、いわゆるラストワンマイル配送や、館内配送における課題をロボットによって解決することを目指す。オフィス内やマンション内配送、倉庫での活用などを想定している。

参加申し込みは同プログラムのサイトにて受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る