新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アバターロボットで社会課題を解決——「ugoオープンイノベーションプログラム」募集開始

アバターロボット「ugo」を開発するugoが、同ロボットの新たな可能性の創造と社会課題を解決するための「ugoオープンイノベーションプログラム」を開始し、共創パートナー企業を募集している。

photo

遠隔操作が可能なアバターロボットとして開発されたugoは、すでに警備ロボットとして社会実装に成功している。これまでさまざまな施設で実証実験を重ね、オフィスや工場などで走行でき、アームを使ってのメーターの確認や簡単な機械操作も可能だ。また、エレベーターに乗り込み、ボタンを操作して自動でフロア移動することもできる。

photo

今回のプログラムでは、「点検」および「配送」の2つのテーマで共創パートナー企業を募集する。点検テーマでは、工場やプラントなどの各種施設での見回りや点検業務を、人に替わってロボットを使って遠隔から行うことに挑戦する。工場などの点検に加えて、メーター監視なども視野に入れる。

配送テーマでは、いわゆるラストワンマイル配送や、館内配送における課題をロボットによって解決することを目指す。オフィス内やマンション内配送、倉庫での活用などを想定している。

参加申し込みは同プログラムのサイトにて受け付けている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る