新しいものづくりがわかるメディア

RSS


VR空間に“踏んで歩ける”地形を作る「Elevate」、KAISTとシカゴ大が開発

飛び石を歩くデモについて(YouTubeより)

Arduino財団は2021年5月19日、韓国のKAISTとシカゴ大学の学生チームが開発した「Elevate」と名付けられたVR装置を発表した。

同装置はさまざまな地形をVR空間に再現できるプラットフォームだ。寸法は1.8×0.6mで、1200本(60列×20行)の角型をした木製ピンを使用し、各ピンを分解能15mm(10段階)で個別に動作させられる。

飛び石を歩くデモを実現するための仕組み。角ピンで地形を作っておき、VR画像に重ねる(YouTubeより) 飛び石を歩くデモを実現するための仕組み。角ピンで地形を作っておき、VR画像に重ねる(YouTubeより)

ピンは、プラットフォームから突き出す上側部分と、地形ジェネレーター、ピン固定用のロック機構から成る。ピンの形状については間にすき間を開けないこと、ピンを一列ずつ操作する必要があることを考慮して設計されている。

このうち、プラットフォームの核となるのが地形ジェネレーターであり、1200本のピンを個別に押し引きすることで、さまざまな地形や特徴を表現できる。ピンの高さを個別に制御するアクチュエーターの数を最小限にするため、タイミングベルトとDCモーターを使用して、プラットフォームの下にあるレール上を列ごとに移動し、列の全てのピンを押し引きする方法を採用している。

アクチュエーターは全部で10個あり、それぞれが2本のピンを同時に駆動できる。各アクチュエーターはArduino Nano、レギュレーター、ギア付きDCモーターが2つ、ホール効果センサー、マグネットを搭載。また、ロック機構の制御にはArduino Unoとサーボドライバー(PCA9685)2つを用いている。

Elevateについて、階段や飛び石、ミニゴルフのデモを使って説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る