新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイが「RTCモジュール 高精度 for Pico」を販売開始

ケイエスワイは「RTCモジュール 高精度 for Pico」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry Pi Picoに特化したRTC(リアルタイムクロック)拡張モジュールだ。

Raspberry Piシリーズは電源を切ったり、再起動したりするとシステムの日時が初期化されるが、RTCバックアップバッテリーを使用することでシステム停止中にも時間を刻み、次回起動時に正しい日時を通知してくれる。

秒/分/時間/日付(月日)/曜日/年、うるう年補正付きの年をカウントでき、2100年まで有効だ。なお、時間表示については24時間/12時間表示(AM/PM表示付き)に任意で変更できる。

高精度RTCチップとしてDS3231を搭載しており、バックアップバッテリーはCR1220ボタン電池に対応している。また、ジャンパーに0Ωの抵抗をはんだ付けすることで電源インジケーターが使用可能だ。側面にはRaspberry Pi Picoに直接取り付けられるメス型ピンヘッダーを搭載している。

動作電圧は3.3Vで、寸法は52×21mm、重量は23g。価格は1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る