新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイが「RTCモジュール 高精度 for Pico」を販売開始

ケイエスワイは「RTCモジュール 高精度 for Pico」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry Pi Picoに特化したRTC(リアルタイムクロック)拡張モジュールだ。

Raspberry Piシリーズは電源を切ったり、再起動したりするとシステムの日時が初期化されるが、RTCバックアップバッテリーを使用することでシステム停止中にも時間を刻み、次回起動時に正しい日時を通知してくれる。

秒/分/時間/日付(月日)/曜日/年、うるう年補正付きの年をカウントでき、2100年まで有効だ。なお、時間表示については24時間/12時間表示(AM/PM表示付き)に任意で変更できる。

高精度RTCチップとしてDS3231を搭載しており、バックアップバッテリーはCR1220ボタン電池に対応している。また、ジャンパーに0Ωの抵抗をはんだ付けすることで電源インジケーターが使用可能だ。側面にはRaspberry Pi Picoに直接取り付けられるメス型ピンヘッダーを搭載している。

動作電圧は3.3Vで、寸法は52×21mm、重量は23g。価格は1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. 自分の自転車を電動化できる——イギリス発「Universal eBike Conversion Kit」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  5. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  6. CQ出版が「ラズパイ/PCで体験!計測のためのカメラ画像処理」を刊行
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 掃除機より静かな飛行機——AirbusがeVTOL「CityAirbus NextGen」を公開
  9. ラズパイでナンプレを解く——Pi Zero Wで3Dプリンターを「Sudoku solving robot」に改造
  10. 電気不要で冷却——太陽光と水で作動する再生可能な冷却システムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る