新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ケイエスワイが「RTCモジュール 高精度 for Pico」を販売開始

ケイエスワイは「RTCモジュール 高精度 for Pico」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry Pi Picoに特化したRTC(リアルタイムクロック)拡張モジュールだ。

Raspberry Piシリーズは電源を切ったり、再起動したりするとシステムの日時が初期化されるが、RTCバックアップバッテリーを使用することでシステム停止中にも時間を刻み、次回起動時に正しい日時を通知してくれる。

秒/分/時間/日付(月日)/曜日/年、うるう年補正付きの年をカウントでき、2100年まで有効だ。なお、時間表示については24時間/12時間表示(AM/PM表示付き)に任意で変更できる。

高精度RTCチップとしてDS3231を搭載しており、バックアップバッテリーはCR1220ボタン電池に対応している。また、ジャンパーに0Ωの抵抗をはんだ付けすることで電源インジケーターが使用可能だ。側面にはRaspberry Pi Picoに直接取り付けられるメス型ピンヘッダーを搭載している。

動作電圧は3.3Vで、寸法は52×21mm、重量は23g。価格は1320円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  3. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  4. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  5. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  6. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  10. プログラミング初心者でもOK! Arduinoで多機能DJミキサーを1万円で自作する

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る