新しいものづくりがわかるメディア

RSS


光造形3Dプリンター「Lux3シリーズ」を国内販売開始、日本3Dプリンター

インソールの造形:1足分を数十分で造形可能だという。

日本3Dプリンターが、LuxCreo製の光造形3Dプリンター「Lux3シリーズ」の国内販売を開始した。同機は、高速造形が可能な「LEAP」技術を採用している。

LEAP技術では、独自開発したLEAPフィルムによって、従来の光造形技術と比較して、層ごとのフィルムと造形物の剥離抵抗が非常に小さい。このため、高速かつ高精度で造形できる。

同技術では二液硬化性高分子樹脂材料による造形も可能だ。従来の熱硬化成分と共に使用することで、光硬化後に高温で二次熱硬化反応を起こし、最終製品でも絶え得る強度に仕上げられる。

「Lux3+」 「Lux3+」

反発性や柔軟性を重視した二液硬化性高分子樹脂を用いた高弾性材料や、同じく二液硬化性高分子樹脂を用いて靭性や強度を重視し、かつ高速造形が可能な材料、さらに、通常の材料で耐熱性に優れたタイプなど多様な特性の材料をラインアップ。設計試作から工業製品までさまざまな用途に対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  4. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  5. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  6. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  10. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る