新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Arduino、ローカルとクラウドの開発環境を同期させる「リモートスケッチブック」機能を発表

Arduinoは、2021年7月6日付公式ブログで、ローカルとクラウドの開発環境を同期させる「リモートスケッチブック」機能を発表した。

Arduinoのスケッチ作成には、PCなどにインストールしたローカル開発環境「Arduino IDE」で行う方法と、クラウド開発環境「Arduino Cloud」上で「Arduino Web Editor」を使う方法がある。リモートスケッチブック機能は、ローカルとクラウド両方の環境間での同期を可能にする機能で、この機能を使うと、クラウド上のスケッチにどこからでもアクセスでき常に最新版の作成や編集ができるようになる。

スケッチブック上のそれぞれのスケッチの横には「Pull Sketch」ボタンと「Push Sketch」ボタンが表示されるので、Arduino IDEで作成してPCなどに保存したスケッチを必要に応じてArduino Cloudへプッシュ(アップロード)し、ウェブブラウザーで編集することもできる。オフラインで作業した場合でも、オンライン状態に戻った際にArduino IDEの「Push Sketch」ボタンをクリックするだけでリモートスケッチブックを更新できるので、クラウド上で常に最新の版を保つことが可能だ。

Arduino Remote Sketchbook
Arduino Remote Sketchbook

また、リモートスケッチブックはバックアップとしても有用だ。ワンクリックでスケッチは直接Arduino IDEからArduino Cloudに送られ、暗号化ファイルシステムに安全にバックアップされる。

さらに、クラウド上に保存したスケッチは共有することも可能だ。初期設定ではアクセスできるのは自分だけだが、Arduino Cloudの設定を変更すればスケッチを他のユーザーと共有することができる。

リモートスケッチブック機能を使うには、Arduino IDE 2.0ベータ版の最新版をダウンロードするとともにArduino Cloudにアカウント登録する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る