新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始

TOKAIコミュニケーションズが、サーバーやネットワーク機器などのLED監視を、Raspberry Piを使った画像認識AIにより自動化する「LED 監視自動化サービス」の提供を開始した。

同サービスはフューチャースタンダードと共同開発。小型USBカメラで撮影したLEDランプの映像をRaspberry Piで解析し、LEDランプの状態をAIが自動判定するサービスだ。

点灯、消灯、点滅のLEDの「点灯状態」と「色」によって正常時と逸脱時を判定。Raspberry Pi1台につき最大5台のカメラが接続でき、1台のカメラで最大10個までのLEDランプを監視できる。

監視頻度は標準で5分ごとに、異常検知時および復帰時にあらかじめ指定したメールアドレスへ通知する。撮影された動画は一定期間保管されるため、異常時や任意の時刻での状態を映像で確認できる。

毎秒30フレームで撮影するため、ネットワーク機器のポートLEDなど点滅LEDの監視も可能。また、VPN機能でRaspberry Piにリモート接続してリモートメンテナンスできることも特徴だ。Raspberry PiやUSBカメラなどの汎用機器を用いることで安価にサービスを提供でき、機器の保守も容易だ。

同社は、監視業務の工数削減および効率化、検知漏れ抑制による監視業務の品質向上が期待できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る