新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiでLEDを自動監視——TOKAIコミュニケーションズ「LED 監視自動化サービス」提供開始

TOKAIコミュニケーションズが、サーバーやネットワーク機器などのLED監視を、Raspberry Piを使った画像認識AIにより自動化する「LED 監視自動化サービス」の提供を開始した。

同サービスはフューチャースタンダードと共同開発。小型USBカメラで撮影したLEDランプの映像をRaspberry Piで解析し、LEDランプの状態をAIが自動判定するサービスだ。

点灯、消灯、点滅のLEDの「点灯状態」と「色」によって正常時と逸脱時を判定。Raspberry Pi1台につき最大5台のカメラが接続でき、1台のカメラで最大10個までのLEDランプを監視できる。

監視頻度は標準で5分ごとに、異常検知時および復帰時にあらかじめ指定したメールアドレスへ通知する。撮影された動画は一定期間保管されるため、異常時や任意の時刻での状態を映像で確認できる。

毎秒30フレームで撮影するため、ネットワーク機器のポートLEDなど点滅LEDの監視も可能。また、VPN機能でRaspberry Piにリモート接続してリモートメンテナンスできることも特徴だ。Raspberry PiやUSBカメラなどの汎用機器を用いることで安価にサービスを提供でき、機器の保守も容易だ。

同社は、監視業務の工数削減および効率化、検知漏れ抑制による監視業務の品質向上が期待できるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る