新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで体脂肪を落とせ——HIIT用パーソナルトレーナー「HIIT Pi」

Raspberry Pi財団は2021年7月7日の公式ブログで、エンジニアのJames Wong氏が開発したHIIT(高強度インターバルトレーニング)用ガジェットについて紹介している。

HIITは負荷の高い運動と小休憩を繰り返すトレーニング法で、自宅にいながら短時間で効果の高い運動ができるとして注目が高まっている。HIIT Piは、Raspberry Piとカメラモジュール、アプリを使ってHIITを正しい動作でできているかを確認できるガジェット。HIIT初心者のWong氏が、HIITのオンライントレーニングだけで本当に効果の高い運動ができているのかを不安を感じ、自ら“エレクトリックレフリー”と呼ぶHIIT Piを開発したという。

Raspberry Piとカメラモジュールでコンピュータービジョンを構成し、自動でユーザーの姿勢や動きを分析する。ユーザーは身体を動かしながら、リアルタイムで正しい運動ができているかをウェブアプリから確認できる。動作の正しさは、あらかじめ設定したルールや標準に照らし合わせスコアで表示される。

photo edge tpu

ユーザーの動きを捉えるRaspberry Piカメラモジュールは、およそ30fpsでRAW画像データをストリーミングする。Wong氏はさらに、オープンソースの機械学習プラットフォームTensorFlowの姿勢推定モデルを用いて、動画ストリームからフレームを抽出し、姿勢の正しさをスコア化するストリームハンドラーを考案した。

photo

Wong氏によると、現時点では分析可能な動作は腕立て伏せ、フットエクササイズ、ジャンピングジャックなど数種類に限られるが、今後も姿勢推定モデルのファインチューニングを重ねることで種類は増えていくとしている。HIIT Piはオープンソースプロジェクトとして 同氏のホームページにコードなど詳しい情報を公開している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry PiでPCを遠隔管理——KVM over IP用拡張ボード「PiKVM v3 HAT」
  2. 低価格でも精密な造形——DLP方式3Dプリンター「Anycubic Photon Ultra」
  3. Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」
  4. ステンレスへの刻印も——7.5Wダイオードレーザー加工機「OKU Desk」
  5. ArduinoがSeggerと提携——Arduio IDE 2.0で正式サポートへ
  6. モジュール式の竹製家具が製作できる3Dプリントのコネクタ——宇宙での利用にも期待
  7. 音波を減衰させて騒音を半減させるねじ——床や天井の建築材を薄くして空間を広く取ることも可能に
  8. 豊橋技術科学大学ICD-LAB「弱いロボット」に学ぶものづくりのアイデアのヒント
  9. 超音速微粒子の衝突に耐える超軽量「ナノアーキテクチャ材料」を開発
  10. バイオ燃料の限界を超える人工酵母を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る