新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でライブ視聴中、ライトアップして演出する「Home Sync Light」を販売

ライゾマティクスは2021年9月3日から、ライティングデバイス「Home Sync Light」の数量限定モデルをオンラインショップで販売開始する。

Home Sync Lightを使用することで、ライブの映像演出や、照明、レーザーなどに合わせたLEDの光が部屋中に広がり、自宅でのライブ視聴体験を臨場感あふれるものに拡張できる。

専用アプリの事前インストールや面倒な設定は不要で、デバイスの電源を入れてライブを視聴するだけで、自動的にLEDの明滅が音楽に同期する仕組みだ。また、ライゾマティクスがクリエイティブ&テクニカルチームとして関わった「Perfume Imaginary Museum TIMEWARP」(「ポリゴンウェイヴEP」初回限定盤特典映像)にも対応している。

サイズは94×39mm、重量は65g。販売期間は2021年9月3日~同年9月26日、商品の発送は9月末~10月初旬を予定している。価格は8800円だ(税込、送料別)。

新型コロナウイルスの感染流行により大人数が集まるライブ実施が制限される中、自宅で配信ライブを視聴する機会が増えたことを踏まえ、2020年9月21日に開催された「“P.O.P”(Perfume Online Present)Festival」のスペシャルパフォーマンスにおいて、Home Sync Lightの実証実験を実施している。

Home Sync Lightの使用例 Home Sync Lightの使用例

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る