新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅でライブ視聴中、ライトアップして演出する「Home Sync Light」を販売

ライゾマティクスは2021年9月3日から、ライティングデバイス「Home Sync Light」の数量限定モデルをオンラインショップで販売開始する。

Home Sync Lightを使用することで、ライブの映像演出や、照明、レーザーなどに合わせたLEDの光が部屋中に広がり、自宅でのライブ視聴体験を臨場感あふれるものに拡張できる。

専用アプリの事前インストールや面倒な設定は不要で、デバイスの電源を入れてライブを視聴するだけで、自動的にLEDの明滅が音楽に同期する仕組みだ。また、ライゾマティクスがクリエイティブ&テクニカルチームとして関わった「Perfume Imaginary Museum TIMEWARP」(「ポリゴンウェイヴEP」初回限定盤特典映像)にも対応している。

サイズは94×39mm、重量は65g。販売期間は2021年9月3日~同年9月26日、商品の発送は9月末~10月初旬を予定している。価格は8800円だ(税込、送料別)。

新型コロナウイルスの感染流行により大人数が集まるライブ実施が制限される中、自宅で配信ライブを視聴する機会が増えたことを踏まえ、2020年9月21日に開催された「“P.O.P”(Perfume Online Present)Festival」のスペシャルパフォーマンスにおいて、Home Sync Lightの実証実験を実施している。

Home Sync Lightの使用例 Home Sync Lightの使用例

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る