新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンス、ロボット製作向けコアモジュール「RECore」発売

スイッチサイエンスが、自律ロボット製作のための機能をまとめて搭載したコアモジュール「RECore」を発売した。

同製品は、MCU、4chのモータードライバー、姿勢センサー、バッテリーを1つに集約したロボット製作向けモジュールだ。モータードライバーは最大4個のDCモーターと2個のステッピングモーターに対応。MCUにはFPU搭載のSTM32G431を採用した。Arduino環境での開発に対応し、専用ライブラリーも提供されている。

RECoreのバッテリーは Li-Ion 7.2V 10.8Wh、USB Type-Cで接続する。

同製品の本体の他にUSBケーブルおよび説明書が付属する。価格は1万3800円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る