新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Eviationの全電動ラグジュアリー航空機が初飛行へ

Eviation Aircraft/YouTube

脱炭素社会の実現に向けて、電動航空機の開発が世界各地で進められている。イスラエルのスタートアップ「Eviation」は全電動コミューター「Alice」を開発中で、いま飛行に必要な制御装置類が納入されて初飛行の準備を進めている。

Aliceは、全長17.09m、翼幅18m、乗員2名、乗客9名の小型航空機で、2019年のパリ航空ショーで発表されたラグジュアリーな全電動航空機だ。

Aliceは、以前当サイトで紹介した電動航空機「eCaravan」と同じmagniXの電気推進ユニットを両翼端に1基ずつ、テール部に1基装備している。820kWhのリチウムイオン電池を搭載し、巡航速度220ノット(時速407km)で440海里(815km)飛行することができる。

Eviationのターゲットマーケットは、北米の短距離旅客輸送、Aliceの最初の顧客は米国マサチューセッツ州を拠点とするリージョナル航空会社「Cape Air」と伝えられている。Cape Airは、88機の「Cessna 402」を有し、アメリカ東海岸のリージョナル路線を運行する航空会社だ。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る