新しいものづくりがわかるメディア

RSS


種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」

2台のカメラとLiDAR、機械学習を利用して、種まきや除草ができるガーデニングロボット「Sybil」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Sybilは、2台のカメラとLiDARを組み合わせることで、庭の自動マッピングとナビゲーション、段差や障害物の回避ができる。庭の隅には領域識別のためのマーカーを置く。

ロボットが自律的に種をまく場所を設定し、鳥などにすぐ食べられないよう、アームを使って土中に種を押し込んでいく。ユーザーは専用ケースに種を入れるだけで良い。

photo

ニューラルネットワークと機械学習(TF Lite)を利用して、作物と雑草を区別する。ニューラルネットワークは14万種類以上のサンプルで訓練済みだ。雑草を見つけたら刈り取り、また伸びてきた時のために位置を記憶する。また、水やりが必要なエリアも教えてくれる。

本体は防水仕様で、太陽電池を搭載。作成した地図を元に庭の状態を学習し、バッテリーが長持ちするように動作する。

photo

価格は送料込みで417ドル(約4万6000円)、出荷は2021年12月の予定だ。2021年10月6日までクラウドファンディングを実施中で、9月9日時点では、8800ドル(約97万円)の目標額を上回る約1万5000ドル(約170万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る