新しいものづくりがわかるメディア

RSS


種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」

2台のカメラとLiDAR、機械学習を利用して、種まきや除草ができるガーデニングロボット「Sybil」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Sybilは、2台のカメラとLiDARを組み合わせることで、庭の自動マッピングとナビゲーション、段差や障害物の回避ができる。庭の隅には領域識別のためのマーカーを置く。

ロボットが自律的に種をまく場所を設定し、鳥などにすぐ食べられないよう、アームを使って土中に種を押し込んでいく。ユーザーは専用ケースに種を入れるだけで良い。

photo

ニューラルネットワークと機械学習(TF Lite)を利用して、作物と雑草を区別する。ニューラルネットワークは14万種類以上のサンプルで訓練済みだ。雑草を見つけたら刈り取り、また伸びてきた時のために位置を記憶する。また、水やりが必要なエリアも教えてくれる。

本体は防水仕様で、太陽電池を搭載。作成した地図を元に庭の状態を学習し、バッテリーが長持ちするように動作する。

photo

価格は送料込みで417ドル(約4万6000円)、出荷は2021年12月の予定だ。2021年10月6日までクラウドファンディングを実施中で、9月9日時点では、8800ドル(約97万円)の目標額を上回る約1万5000ドル(約170万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る