新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートライト機能搭載の据え置き型プロジェクター「Aladdin Vase」

popInが、スマートライト機能を備えた据え置き型プロジェクター「Aladdin Vase」を発売する。

photo

Aladdin Vaseは、コンパクトサイズながら最大100インチの画面を投影可能なプロジェクターだ。リモコンでレンズの上下角度を調整できるのでベッドなどで横になりながらの利用にも向いている。

photo

音楽に合わせて光を演出するサウンドモードや、 光のリズムに合わせて呼吸することで入眠効果を促すスリープモードなど5つのモードの備えるスマートライトや、壁時計、ヒーリングライトなどの機能も搭載する。

本体内蔵のアプリをレコーダーやテレビチューナーとネット接続することでテレビ番組などを投影。ワイヤレスHDMIのAladdin Connectorを使用することで、家庭用ゲーム機やDVD/ブルーレイレコーダーと接続できる。

photo

明るさは200ANSIルーメンで、解像度はHD。オートフォーカスおよび自動台形補正に対応する。上下可動域は0~10度で、台形補正は水平30度、垂直30度だ。外形寸法は80×169×80mmで重量は約650g。デザインのコンセプトは、プロダクトデザイナー 柴田文江氏による「存在自体を喜びに変えること」だ。

2021年12月末の発売予定で、価格は6万9800円(税込、送料込)。2021年10月31日までの間、特典付きの限定1000台先行予約を受け付けている。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る