新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで制御するロボットアーム——音声コントロール対応6軸ロボットアーム「mechArm」

Raspberry Piで動き、吸着グリッパやペンホルダーなどさまざまなエンドエフェクタが使える6軸ロボットアーム「mechArm」がKickstarterに登場し、出品後わずか8分で目標額を達成する人気を集めている。

photo

mechArmは、Raspberry Pi 4Bを内蔵し、軽量コンパクトな6軸のロボットアーム。ピックアンドプレースだけでなく、文字や絵を書いたり、植物に水やりをしたり、AGV(無人搬送車)として動いたり、チェスの相手になったりもする。

photo

ソフトウェアプラットフォームはROSで、ブロックプログラミングまたはPythonを使ってロボット開発ができる。音声コントロールにも対応し、カメラを追加すればビジュアルトラッキングも可能だ。

photo

アームの長さは260mmで、本体重量は1kg、可搬重量は260g。位置の再現性は±0.5mmで、Bluetoothに対応している。アームには衝突防止機能を備え、吸着グリッパの吸引力は最大200gだ。エンドエフェクタは、平行グリッパや吸着グリッパ、ペンホルダー、スマートフォンホルダーなど多数用意している。

photo

特別早割価格は本体のみが499ドル(約5万5000円)で、吸着グリッパやペンホルダーなどが付属するセットが549ドル(約6万円)など。出荷は2021年12月の予定で、送料は別途請求される。

photo

mechArmは、2021年9月23日までクラウドファンディングを実施中。9月21日時点で、5000ドル(約55万円)の目標額を大きく上回る約9万ドル(約1000万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piを搭載しRTK-GPS測位で正確に芝刈りできる自動ロボット芝刈り機「OpenMower」
  2. 好奇心とエラーが生んだ極彩色の3Dプリント——「積彩」が求める未知の驚き
  3. クラウドベースIDEを使いFPGAの基礎から応用まで学べるFPGAボード「STEPFPGA」
  4. そうめんの空箱とラズパイで昭和のゲームを作る
  5. Pi Zeroがクアッドコアに進化——「Raspberry Pi Zero 2 W」発売
  6. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  7. オープンソースの3Dプリント技術を守ろう——特許出願の再審査を求めるためクラウドファンディングを開始
  8. CQ出版、GPUプログラミング入門を特集した「Interface 2022年8月号」を発売
  9. 日本3Dプリンター、0.02mm精度の3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」発売
  10. 加工エリアは無限大——折り畳み可能なポータブルレーザー加工機「Optic」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る