新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「RP2040搭載 SparkFun Pro Micro」を販売開始

スイッチサイエンスは「RP2040搭載 SparkFun Pro Micro」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry Pi財団のRP2040マイクロコントローラーを搭載したボードだ。従来のPro Microと同様の形状で、アドレス可能なWS2812B LEDのほか、ブートボタンやリセットボタン、Qwiicコネクター、USB Type-C、リセット可能なPTCヒューズ、端面スルーホールも備えている。

C/C++とMicroPythonのクロスプラットフォームな開発環境に対応しており、ランタイムデバッグへのアクセスも可能だ。

UF2ブートを備えており、基板搭載のUSBはデバイス/ホストどちらでも作動する。2基の対称性コアを搭載し、内部の帯域幅が広いため信号処理やビデオ処理に優れている。また、チップには内蔵RAMを備えているほか、ボードには16MBの外部QSPIフラッシュチップを搭載しており、プログラムコードの保管などに利用できる。

Qwiicとはプロトタイピングを高速化できるI2Cのセンサーやアクチュエーター、シールド、ケーブルのエコシステムだ。Qwiicボードには1mmピッチ、4ピンのJSTコネクターを使用しているためコンパクトに収められており、分極化しているため接続を誤る心配もない。

サイズは33×18mm、価格は1592円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る