新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「RP2040搭載 SparkFun Pro Micro」を販売開始

スイッチサイエンスは「RP2040搭載 SparkFun Pro Micro」の販売を開始した。

同製品は、Raspberry Pi財団のRP2040マイクロコントローラーを搭載したボードだ。従来のPro Microと同様の形状で、アドレス可能なWS2812B LEDのほか、ブートボタンやリセットボタン、Qwiicコネクター、USB Type-C、リセット可能なPTCヒューズ、端面スルーホールも備えている。

C/C++とMicroPythonのクロスプラットフォームな開発環境に対応しており、ランタイムデバッグへのアクセスも可能だ。

UF2ブートを備えており、基板搭載のUSBはデバイス/ホストどちらでも作動する。2基の対称性コアを搭載し、内部の帯域幅が広いため信号処理やビデオ処理に優れている。また、チップには内蔵RAMを備えているほか、ボードには16MBの外部QSPIフラッシュチップを搭載しており、プログラムコードの保管などに利用できる。

Qwiicとはプロトタイピングを高速化できるI2Cのセンサーやアクチュエーター、シールド、ケーブルのエコシステムだ。Qwiicボードには1mmピッチ、4ピンのJSTコネクターを使用しているためコンパクトに収められており、分極化しているため接続を誤る心配もない。

サイズは33×18mm、価格は1592円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る