新しいものづくりがわかるメディア

RSS


smartDIYsが金属刻印可能なレーザー加工機「LM110F」を発売

smartDIYsは「LM110F」の販売を開始した。

同製品は金属への刻印が可能なレーザー加工機で、パーツのロット番号や企業名、メッセージなどを刻印できる。ファイバーレーザー搭載のため、アルミ/真鍮/銅など金属の加工に適しているほか、一部樹脂素材にも加工が可能だ。

加工時間の短縮も図られており、ヘッドに内蔵されたミラーが角度を変えながら高速で動くことで、作成したマーキングオブジェクトが瞬時に刻印される構造を採用している。

レーザー加工機専用制御ソフトとして「SmartDIYs CAD」が付属。グラフィックやテキストなどの作成/読み込みなどの編集機能を有した統合ソフトウェアで、レーザーの出力、周波数、スキャン速度の設定など、レーザーの設定パラメーターを包括的に制御できる(対応OSはWindows 7以降のみ)。

レーザー出力は20W、周波数は30~60Khz、最高速度は4000mm/秒で、繰り返し精度は±0.03mmだ。

また、本体寸法は425×500×644mm(突起物含まず)、マーキングエリアは110×110mm、加工可能な素材の厚さは最大140mm、素材設置可能エリアは365×398mmとなっている。価格は44万8000円(税込)で、発送は10月下旬を予定している。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る