新しいものづくりがわかるメディア

RSS


smartDIYsが金属刻印可能なレーザー加工機「LM110F」を発売

smartDIYsは「LM110F」の販売を開始した。

同製品は金属への刻印が可能なレーザー加工機で、パーツのロット番号や企業名、メッセージなどを刻印できる。ファイバーレーザー搭載のため、アルミ/真鍮/銅など金属の加工に適しているほか、一部樹脂素材にも加工が可能だ。

加工時間の短縮も図られており、ヘッドに内蔵されたミラーが角度を変えながら高速で動くことで、作成したマーキングオブジェクトが瞬時に刻印される構造を採用している。

レーザー加工機専用制御ソフトとして「SmartDIYs CAD」が付属。グラフィックやテキストなどの作成/読み込みなどの編集機能を有した統合ソフトウェアで、レーザーの出力、周波数、スキャン速度の設定など、レーザーの設定パラメーターを包括的に制御できる(対応OSはWindows 7以降のみ)。

レーザー出力は20W、周波数は30~60Khz、最高速度は4000mm/秒で、繰り返し精度は±0.03mmだ。

また、本体寸法は425×500×644mm(突起物含まず)、マーキングエリアは110×110mm、加工可能な素材の厚さは最大140mm、素材設置可能エリアは365×398mmとなっている。価格は44万8000円(税込)で、発送は10月下旬を予定している。

※記事初出時、文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る