新しいものづくりがわかるメディア

RSS


個人向けeVTOL「iFLY」が登場——アプリで地図をタップして空路で目的地まで

米エアモビリティスタートアップのNeXtは、個人向け電動垂直離着陸機(eVTOL)の「iFLY」を開発した。自律飛行の指示にはモバイルアプリを使用。地図上の目的地をタップするだけだ。iFLYはすでに飛行テストに成功し、米国特許も取得済み。現在は資金提供パートナーを探している。

iFLYは保護カバーで囲われた8つのプロペラを備えている。先進的な冗長飛行制御システムにより、モーターの速度や飛行の方向を調整。目的地までのエネルギー量を計算し、バッテリー残量が安全に飛行できる最小許容レベルに近づくと、出発地点に戻ったり安全な場所に着陸したりといった自動制御も可能だ。複数の冗長飛行システムにより、モーターを1つ外しても安全に飛行できる。また、緊急時に自動的に展開するパラシュートも備えている。

NeXtは現在、iFLYの飛行にパイロット免許が求められないよう、アメリカ連邦航空局による超軽量動力機の認定の可能性を模索している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る