新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RP2040の全I/Oが利用可能——ケイエスワイ、小型ブレークアウトボード「PGA2040」発売

ケイエスワイは、小型ブレークアウトボード「PGA2040」を発売した。

photo

PGA2040は、Raspberry Pi Picoにも使われているRP2040を、約21×21×3mmの48ピングリッドアレイに搭載した開発ボードだ。

photo

ARM Cortex M0+プロセッサー、256KB SRAM、Picoよりも強化された8MB Flashメモリーを搭載し、水晶振動子、レギュレーター、サポート回路などのRP2040を動作させるのに必要な部品のみが含まれている。

photo

インターフェースはUSB1.1、GPIO、UART、I2C、SPI、PWM、PIO。ポータブル デバイスやウェアラブル デバイスへの組み込みにも適している。LED、ボタン、USBコネクターなどは付属していない。

photo

Python(MicroPython、CircuitPython)やC/C++で作成したプログラムの実行が可能だ。プログラムは、Raspberry PiやPC上のテキストエディター、IDE(統合開発環境)で作成できる。ケイエスワイでの販売価格は1320円(税込み)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCは酒で冷やせ——「イエーガーマイスター」を冷却水に使った自作PC
  2. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  3. ラズパイでプレイ中のアルバムアートを表示——Raspberry Piを使った64×64LEDマトリックスディスプレイ
  4. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」
  5. M5Stackでキーボードを作る——遊舎工房、自作キーボードキット「AZ-M5ortho」発売
  6. コンパクトながら高性能——デスクトップ型5W/10Wレーザー加工機「xTool D1」
  7. メカトラックス、Raspberry Pi防塵防水IoTゲートウェイ「Pi-protect」を発売
  8. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  9. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  10. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る