新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サブロク板をそのまま加工できる——AvalonTech、大型CNC組立キット「ArtCNC Large」発売

AvalonTechは、サブロク板(1800×900mmサイズ)を加工できるワークエリアを備えた大型CNC組立キット「ArtCNC Large」の販売を開始した。

photo

本製品は、組み換えや改造がしやすいV-Slotフレームを採用し、用途に応じてオプションの取り付けが可能だ。オープンソース製品として、部品や組立方法が全てオンライン上で公開されている。

photo

制御基板は、 初心者向けのCNCxPRO V5と上級者向けのDuet 3 Mainboard 6HC(6 High Capacity Stepper Drivers)が選択可能だ。CNCxPRO V5には独自のファームウェアGRBL1.3 が採用され、操作画面上からマイクロステップやモーター電流値の変更ができる。Duet 3 Mainboard 6HCは、6つの大容量Trinamic 5160ステッピングモータードライバーを装着する。

photo オープンソースのコントロールソフトCNCjs に対応する

ArtCNC Largeは、可動範囲はX軸970mm、Y軸1930mm、Z軸100mm(Z軸375mmを選択した場合は225mm)。切削物最大高さは47mm(拡張可能)。機械精度は0.05~0.10mm(組み立て精度に依る)。加工可能な材料はMDF、木材、アクリル、ポリカーボネートなどだ。

photo スタンドとキャスターがあれば、バンにも搭載可能。

販売価格はスタンド部分なしで41万7398円から。オンラインストアで各種オプションを選択可能だ。既存のArtCNCユーザーは、メインフレームや2つのY軸及び伝動部品などから構成される差分部品を24万5000円で購入し、ArtCNC Largeにアップグレードできるキャンペーンも実施している(価格は全て税込み)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る