新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ヘッド交換でレーザー刻印も——ホワイトボードに描くペンプロッター「Coolike」

ベッドがホワイトボードになっているフラットベッド型ペンプロッター「Coolike」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

photo

Coolikeは、ホワイトボードになっているベッドや紙の上に、セットした水性ペンを使って文字やサイン、イラストを描けるペンプロッターだ。オプションのレーザーモジュールを装着すれば、さまざまな素材のレーザー刻印やカットにも対応する。

photo

ライティング/ドローイング用ヘッドには、ホワイトボードマーカーや万年筆、マジック、鉛筆など多様なペンツールをセットできる。手書きの文字やサイン、イラストなどをアップするとGコードに変換し、XYサーボドライブデバイスの正確な制御で、ホワイトボードや紙の上に繰り返し再現して描く。

photo

本体は高耐久性素材を使った堅固な構造となっており、±0.1mmの精度で手書きの約3倍の速度で動作する。ライティングパネル全体を被うラバーパッドが振動を吸収し、静寂性も高い。ベッドのホワイトボードはそのままサインボードとして利用でき、マーカーを消せば繰り返し利用が可能だ。

photo

ライティング用ヘッドは簡単にレーザーモジュールと交換でき、2.5W出力のレーザー加工機として利用できる。ウッド、竹、紙、プラスチック、レザー、アルミニウム、不織布などへの刻印、カードボード、不織布、ライトウッド、アクリル、プラスチックなどのカットに対応する。

photo

本体サイズは410×360×169mmでワークエリアは325×325mm。ソフトウェアはWindows 7/8/10/XP対応のBACHIN DRAWを使い、加工位置やペンの高さ、スピードなどの調節ができる。

photo

Coolikeの標準タイプは、今なら数量限定の早割価格2322香港ドル(約3万4000円)で、レーザーモジュール付属タイプを同3100香港ドル(約4万5000円)で入手できる。2021年12月の出荷を予定しており、日本への送料は271香港ドル(約4000円)からとなっている。

Coolikeは、2021年10月14日までクラウドファンディングを実施中。10月12日時点で、3万8889香港ドル(約56万円)の目標額を大きく上回る約19万2000香港ドル(約278万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る