新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスが「M5Stamp C3」シリーズを販売開始──IoTエッジデバイス向けのEspressif ESP32-C3搭載

スイッチサイエンスは、M5Stackの「M5Stamp C3」シリーズの販売を、2021年10月21日にオンラインショップで開始した。

M5Stamp C3は、マイコンとしてWi-Fi/Bluetooth 5(LE)の機能が利用可能なIoTエッジデバイス向けのシングルコアプロセッサー「Espressif ESP32-C3」を搭載していることが特徴だ。Espressif ESP32-C3は32bit RISC-Vをベースとし、最大周波数160MHzで動作する。

400KBの内蔵RAMと4MBのフラッシュメモリーを備えており、さまざまなユースケースで利用できる。本体サイズは34×20×4.5mm、重量は3.8gで、5V→3.3VのDC/DC変換、GPIO×13に加えてプログラマブルRGB LED、リセットボタン、ボタンを各1つ備えるほか、安定した無線通信のための3Dアンテナを搭載している。

ロングレンジやメッシュネットワーク機能を含むフル機能のBluetooth 5.0 long-range(LR)により、広範囲なカバーエリアの建物用デバイスを構築できる。また、RSA-3072ベースのセキュアブートや、AES-128-XTSベースの暗号化フラッシュを組み合わせることで、工業用IoT設備において安全なBluetoothセキュリティを提供可能だ。

さらに、耐熱プラスチックを用いたエンクロージャーを採用。ピーク耐熱温度は230℃で、高い動作温度をサポートする。

ピンヘッダーなどがセットになった「M5Stamp C3 Mate」と、単体5個パック売りの「M5Stamp C3(5pcs)」の2種をラインアップ。価格はM5Stamp C3 Mateが979円、M5Stamp C3(5pcs)が4697円だ(価格は全て税込)。

今回販売開始するのは、5個入りの「M5Stamp C3 (5pcs)」(左)とピンヘッダーなどがセットになった「M5Stamp C3 Mate」(右)の2種。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  2. Raspberry Piで高画質動画撮影を可能にする「Raspberry Pi Cinema Camera」
  3. 二酸化炭素からでんぷんを人工合成するプロセスを開発——農業によるでんぷん生産を置換する
  4. 世界最大の浮体式洋上風力発電誕生——5万5000世帯分の電力量に匹敵
  5. ケイ砂の蓄熱を利用——再生可能エネルギーを安価に保存するシステムを開発中
  6. 1台3役の3Dプリンター「Snapmaker 2.0」の新モデルが登場——静音性と高速性を向上
  7. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料
  8. 電力不要で海水を淡水化——EU主導で進行中の海水淡水化プロジェクト
  9. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  10. 真珠層にインスパイアされた「割れない」ガラスを開発——ガラスとアクリル樹脂を組み合わせた複合材料

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る