新しいものづくりがわかるメディア

RSS


旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表

Raspberry Pi財団は2021年12月2日、Raspberry Pi OSの旧バージョンをサポートする「Legacy」を発表した。最新版の「Bullseye」とLegacyからOSを選択できるようになり、新OSでソフトウェアが動かなくなったというユーザーの利便性が向上する。

photo

Raspberry Piは9年にわたり、Raspberry Pi OS(旧Raspbian)リリースのみをサポート対象としてきたが、それにより上流ブランチへ移行する際に大きな問題が生じていた。Debian Linuxが「Buster」からBullseyeへバージョンアップされた際、Raspberry Pi OSもBusterからBullseyeベースにアップデートしたが、その際に旧ソフトウェアやインターフェースのサポートが終了し、それに依存していたアプリケーションは使えなくなってしまった。

そこで旧バージョンへの依存性が高いユーザーに向けて、Raspberry Pi財団は、BusterリリースをベースにしたRaspberry Pi OS Legacyバージョンの開発を決定。Legacyでは、リリースのたびに多大なサポートタイムがかかるハードウェアアクセラレーションが有効な「Chromium」は使用せず、デフォルトではソフトウェアアクセラレーションのバージョンをサポートする。また、Linuxカーネルは長期にわたり安定したバージョン「5.10」のブランチとし、セキュリティーパッチはLinuxカーネルのみから取得している。

Raspberry Piのファームウェアは今後発売されるハードウェアをサポートするため、機能の不安定化を防ぐ目的でブランチされる予定だ。Legacyは、例えば「Raspberry Pi 4 rev 1.5(仮名)」といった旧モデルの派生品はサポートするが、「Raspberry Pi 5(仮名)」といった新モデルは対象外になるとしている。

Legacyは、関連コンポーネンツのアップデートが継続する間はサポートを続ける予定で、Debian Busterは2024年6月まで、Linuxカーネル5.10は2026年12月までサポートされる予定となっている。その間にDebianの次のメジャーアップデート版「Bookworm」が安定化すれば、LegacyはBullseyeベースに変更する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る