新しいものづくりがわかるメディア

RSS


M5Stackが「M5Stamp C3U」を販売開始──Wi-Fi/Bluetooth 5.0 long-rangeが利用可能

M5Stackは「M5Stamp C3U」の販売を2022年1月14日に開始した。

同製品はIoTエッジデバイス向けのEspressif ESP32-C3 RISC-V MCUを搭載しており、Wi-Fi/Bluetooth 5.0 long-range(LR)が利用可能だ。400KBの内蔵RAMと4MBのフラッシュメモリーを搭載し、RSA-3072ベースのセキュアブート、AES-128-XTSベースの暗号化フラッシュを組み合わせ、工業用IoT設備においてセキュアなBluetooth環境を構築できる。

2021年10月21日に販売開始した「M5Stamp C3」との違いは、USB変換ICが省略されたこと。USB Type-Cポートが直接ESP32-C3に接続されており、ESP32-C3に組み込まれているUSBシリアル機能でプログラム書き込みを実行する。本体サイズは34×20×4.6mm、本体重量は3.8gで、GPIOを14個とプログラマブルRGB LED、リセットボタン、ボタンを各1つ備えている。また、230℃まで耐えられる耐熱プラスチック筐体を採用している。

5個入りのM5Stamp C3U(5pcs)と、ピンヘッダー/ピンソケットなどがセットになったM5Stamp C3U Mateをラインアップ。価格はM5Stamp C3U(5pcs)が4488円、M5Stamp C3U Mateが979円だ(すべて税込)。

 

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る