新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイにも対応——BrainChip、ニューラルネットワークプロセッサ「Akida」を搭載した開発キット発売

AKIDA DEVELOPMENT KIT - SHUTTLE PC

BrainChipは、高度なニューラルネットワークプロセッサ「Akida」を搭載した開発キット2機種の受注を開始すると発表した。パートナーや大企業、OEMが、高性能で小型の超低電力AIチップを社内テストや検証で利用できるようになる。

photo AKIDA DEVELOPMENT KIT - RASPBERRY PI

「AKD1000」チップを搭載したmini-PCIボードを含む開発キットは、x86 Shuttle PC向けとARMベースのRaspberry Pi向けの2機種を提供する。公式サイトでは、価格はそれぞれ9995ドル(約114万4000円)、4995ドル(約57万1000円)となっている。

photo AKIDA DEVELOPMENT KIT - RASPBERRY PI

プロダクションステータスに進化させたAkidaベースのアプリケーションとソリューション向け開発キットは、ニューロモーフィックを活用したエッジAIアプリケーション導入の一歩となる。Akidaの高性能なAIプロセッサは、これまでの技術では不可能だった多彩なエッジ機能を提供し、スマートホーム、スマートヘルス、スマートシティ、スマートトランスポーテーション、リモートコントロール、産業用IoT、ロボティクスなど広範なアプリケーションに適用できる。

photo

BrainChipが提供するイベントベースのAIプロセッサは、脳のニューロンの動作を模倣したスパイキングニューラルネットワークを取り入れ、エッジデバイスの要求に応える柔軟さとスケーラビリティを備える。エッジではセンサー入力と同時に分析が可能になり、システムのレイテンシーの削減により迅速なレスポンスと省電力を実現し、データセンターの大幅なCO2排出量削減にも寄与するとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る