新しいものづくりがわかるメディア

RSS


折り紙や切り紙ベースのメカニカル・メタマテリアルの分類法を提案——新しい構造設計を支援

CREDIT: Zirui Zhai and Hanqing Jiang

古くから多くの人に親しまれている「折り紙」や「切り紙」は、近年、科学の世界でも「Origami」「Kirigami」として広く知られ、特殊な機械的特性をもった人工材料「メカニカル・メタマテリアル」の設計に利用されている。中国とアメリカの研究チームは、新しい構造設計に役立てられるように、折り紙または切り紙ベースのメカニカル・メタマテリアルの分類法を提案した。研究結果は、2021年11月23日付けの『Applied Physics Reviews』に掲載されている。

「オリガミやキリガミは、元より、メカニカル・メタマテリアルといえる。なぜなら、その特性は主に折り目パターンやカットパターンによって決まり、使う材料にも多少影響を受けるからだ」と、西湖大学のHanqing Jiang教授は語る。

折り紙ベース、切り紙ベースのメカニカル・メタマテリアルは、柔軟性のある電子機器、医療機器、ロボット工学、土木工学、航空宇宙工学など、多くの分野で利用できる。研究チームは、既存の構造と知識を組み合わせて新しい構造を設計できるように、折り紙または切り紙ベースのメカニカル・メタマテリアルを分類することにした。

まず、研究チームはメカニカル・メタマテリアルを、「折り紙ベース(折るだけ)」「切り紙ベース(切るだけ)」「ハイブリッド(折る/切る)」の3つのグループに分類した。次に、各グループを弾性エネルギーの視点から2つに分け、エネルギーが折り目やつなぎ目だけに保存される場合は「剛性」、折り目やつなぎ目だけでなくパネル部分にも保存される場合は「変形可能」と分類した。例えば、人工衛星の太陽光パネルなどにも使われる「ミウラ折り」は「剛性折り紙」となる。

こうした分類を利用することで、新しい構造、中でも曲面を持った折り紙構造、ハイブリッド折り紙-切り紙構造、モジュラー構造、階層構造を発見できるとしている。特に、ハイブリッド構造は形状変化に有効だと着目している。応力の集中する折り目やつなぎ目の設計には注意が必要だが、ここでもハイブリッド構造を利用すると、互いの応力を軽減できる可能性がある。

また、材料の選択にも焦点を当てている。メタマテリアルの試作に従来通り紙を使うと、紙の脆弱性と可塑性のために、機械的特性が制限される。実用的な設計にするために、厚い/薄い、硬い/柔らかい、弾性/非弾性といった多彩な材料を考える必要があるとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る