新しいものづくりがわかるメディア

RSS


MakerBot、3Dプリンター「METHOD」と「METHOD X」が工業グレードの「LUVOCOM 3F」フィラメント3種類に対応

MakerBotは、3Dプリンター「METHOD」と「METHOD X」が工業グレードの材料「LUVOCOM 3F PAHT 9825 NT」、「LUVOCOM 3F PAHT CF 9891 BK」、「LUVOCOM 3F PET CF 9780 BK」に新たに対応すると発表した。LEHVOSS Groupから供給を受ける「LUVOCOM 3F」フィラメントは、高い耐久性と耐熱性が求められる産業向けパーツの造形に適している。

photo

LUVOCOM 3F PAHT 9825 NTは、高耐熱性ポリアミド(ナイロン)材料で、連続使用温度は最高100℃、PA/ナイロン6相当の機械特性を備える。PA6との比較で吸水率は50%低く、吸水速度は4倍遅い。低吸水率にすることでプリント中のエラーの発生や、プリントパーツの性質の変化を低減。高強度で衝撃に強く、優れた表面仕上げの最終パーツが造形できる。

photo

LUVOCOM 3F PAHT CF 9891 BKは、LUVOCOM 3F PAHT 9825 NTにカーボンファイバー(CF)を添加した炭素繊維強化高耐熱性ポリアミド材料。吸水率をさらに低減し、耐熱性や機械特性、化学薬品への耐性が高い。50%の機械特性を保持しながら、最高150℃での連続使用が可能。ハウジングやエンジンカバーなど、自動車向けアプリケーションに適している。

photo

LUVOCOM 3F PET CF 9780 BKは、炭素繊維強化ポリエチレンテレフタレート(PET)材料で、反りなどの発生が少ないためプリントがしやすく、優れた表面仕上げのためポスト処理は不要。プリントパーツは高強度で、120℃までの耐熱性とPETGより優れた耐薬品性を備える。

photo

LUVOCOM 3Fフィラメントは、「MakerBot LABS Experimental Extruder」搭載のMETHOD/METHOD Xで使用できる。オープンマテリアルプラットフォーム「MakerBot LABS」に3種類が加わることで、ポリマー、複合材料、金属材料を含む合計30種類の材料がサポート対象となる。METHODプラットフォーム対応の高性能材料は今後も増やす予定で、ユーザーの多様化するニーズに応える。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る