新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ラズパイがネットワークインストールに対応——Raspberry Piブートローダーがアップデート

Raspberry Pi財団は2022年2月8日、ネットワークインストール機能を含むブートローダーのベータテスト版を公開、ベータテストへの参加を呼び掛けている。

photo

これまでRaspberry PiにOSを導入するためには、別のコンピューターでRaspberry Pi Imagerを立ち上げ、SDカードやUSBメモリにRaspberry Pi OSのイメージを作成する必要があった。Raspberry Pi 4かRaspberry Pi 400であれば、今回公開されたベータテスト版を使い、イーサーネット経由でOSを導入できる。

ネットワークインストーラーを利用するためには、Raspberry Pi Imagerを使い、SDカードにブートローダーのベータ版をインストールする必要がある。SDカード上のデータはすべて更新されるため、使用中のSDカードを使う場合は注意が必要だ。

photo

Raspberry Pi Imagerを立ち上げ、”Choose OS”ボタンを押し、ポップアップウインドウの”Operating System”リストから”Misc utility images”を選び、”Beta Test Bootloader”を選択する。次にブート順とメディアを選択した後、通常のインストラクションに従えば、SDカードかUSBメモリにブートローダーが書き込まれる。

書き込んだブートローダーでRaspberry Pi 4/400を起動すれば、あとはイーサネットケーブルを接続するだけだ。インターネット経由で、SDカードかUSBメモリに直接OSを書き込めるようになる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る