新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小学校でのプログラミング教育をサポート——ティーファブワークス、Scratchで使える拡張ボード「AkaDako(アカダコ)」発売

ティーファブワークスは、Scratch用拡張ボード「AkaDako(アカダコ)」を発売した。

photo

同社によれば、2020年からスタートした小学校でのプログラミング教育で、フィジカルコンピューティング系に教師が対応できないなどの課題が見えてきたという。

photo

AkaDakoは、USBケーブルを接続するだけでGroveのセンサーやアクチュエーターがScratchから制御できる低価格な拡張ボードだ。ブラウザのWebSerial機能を使っているので、既存のChromeやEdgeなどのブラウザですぐに利用できるため、アプリのインストールは不要だ。

photo

また、USB接続のため、Bluetoothのようなペアリングや、大量の電池を準備は不要だ。アプリのダウンロード、組み立て、充電や電池の用意などが必要ないため、事前準備なしで授業に使えるという。

photo

Scratchの相互環境Xcratch、Stretch3で動作し、端末はモバイル系以外のWindows、Chromebook、Mac、Linuxに対応。ブラウザは、ChromeとEdgeが使用できる。Scratchの画面にある緑の旗をクリックするだけで、作成したプログラムを動かせるので、作ったプログラムをダウンロードする必要がない。

photo

入出力は、USB micro-B、アナログとデジタル (Grove端子と兼用)。Grove端子として、アナログ、デジタル、I2Cを備える。

製品サイズは65×50×12mm、重さ10g。希望小売価格は999円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る