新しいものづくりがわかるメディア

RSS


RECoreの開発と検証を高速化する「RECore Fusion」を発売

オムニメントは2022年3月31日から、同社のマイコンモジュール「RECore」にPythonプログラミング環境を提供する拡張モジュール「RECore Fusion」を販売開始する。

2021年8月に発売されたRECoreは、小型自律ロボットの構築と研究開発の短時間化をサポートするためのマイコンモジュール製品で、マイコンやモータードライバー、センサー、バッテリーなどの要素を1つのモジュールに収めていることが特徴だ。

RECore FusionではRECoreにRaspberry Piを拡張する専用のハードウェアと、ライブラリプログラムを提供。高速な画像処理や機械学習、ROS対応やネットワークを使ったプログラムなど、より実用的で高度な処理が可能だ。

環境構築の時間を削減するため、Webブラウザからプログラミング可能な「Jupyter Notebook」を搭載。また、必要なソフトウェア、ライブラリなどは全てインストール済みであり、インターネットが利用できない環境でも使用可能だ。

プログラム言語にはPythonを採用。プログラミング後のコンパイルが不要になり、RECoreと比較してコードの実行までに必要な時間が短縮できるとしている。

PythonからRECoreを直接コントロールするための専用ライブラリも用意され、シームレスにプログラミングが可能となった。ライブラリはArduinoに近い使用感であるため、Arduinoユーザーも移行がしやすい設計としている。価格は3万9800円だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る