新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自作3Dプリンターに搭載可能な5インチディスプレイモジュール「Raspberry Pad 5 LCD」

中国のBIQU Technologyは、BIGTREETECHブランドの新製品として、3Dプリンターに組み込み可能な5インチディスプレイモジュール「Raspberry Pad 5 LCD」を発売した。「Raspberry Pi Compute Module 4(CM4)」全モデルに対応しており、基板対基板(BTB)コネクターで接続できる。

Raspberry Pad 5 LCDは、外形サイズ75.9×121mmの基板に、5インチ静電容量式マルチタッチスクリーンのほか、豊富なインターフェースを備えており、拡張性と柔軟性に優れている。

40ピンGPIO、USB 2.0ポート×3、イーサネットポート、CANバスインターフェース、2Kディスプレイ対応HDMI端子に加え、リチウムコイン電池駆動のリアルタイムクロック(RTC)モジュールも搭載する。LCDにはIPS方式を採用し、解像度は800×480で、視野角も広い。輝度調整や画面回転はボタンで操作する。

オープンソースの3Dプリンター用ファームウェア「Klipper」に対応しているので、Raspberry Pad 5 LCDとRaspberry Pi CM4を3Dプリンター用マザーボードと組み合わせれば、通常よりも大型で操作性に優れたスクリーンと拡張性の高い機能を備えた3Dプリンターを構築できる。

また、3Dプリンターだけでなく、スマートホーム、インターネットテレビ、スマートフォトアルバム、ミニコンピューターなど、さまざまなプロジェクトにも利用可能だ。

Raspberry Pad 5 LCDの本体価格は99ドル(約1万2000円)で、同社のWebサイトから購入できるが、Raspberry Pi CM4は別途購入する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  2. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  5. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  6. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」
  7. 自転車を30秒で電動化する、E-bikeコンバージョンキット「LIVALL PikaBoost」
  8. ラズパイとAndroidでオシロスコープを——Raspberry Pi Picoオシロスコープ向けアナログ基板「PLU2212-DSO」発売
  9. Simplify3D、3Dプリンター用ソフトウェアの最新版「Simplify3D V5」をリリース
  10. 地球上で最も強靭な「高エントロピー合金」を発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る