新しいものづくりがわかるメディア

RSS


本棚に広がる小さな世界を3Dプリント——ブックエンド用STLファイル「The scenic library」

本棚のすき間に置ける小さなジオラマの付いたブックエンド「Book Nook(ブックヌック)」を、3Dプリンターで造形するためのSTLファイルを提供するプロジェクト「The scenic library」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

The scenic library

デザインも多彩で、スチームパンクをイメージした「Slums」や「Liberty city」、SF風の「Police Cabin」、ロボット格納庫をイメージした「Hangar」に加え、「New York」、ファンタジー調の「White Fortress」、タージマハルを想起させる「Thousand and one nights」、ゴシック調の「Skull」に「Mimic」、図書館を模した「Studio 1」や「Studio 2」、古代遺跡を模した「Egyptian」や「Greek」、そして「Black Dragon」、「Blue Dragon」、「Red Dragon」、「Green Dragon」、「White Dragon」を用意している。集まった資金の額に応じて、さらにファイルを追加するとしている。

The scenic library

クリエイターは、2020年にも同様のBook Nook用STLファイルを提供するクラウドファンディングを成功させており、今回のキャンペーンでは、前回提供していたSTLファイルを改良してアドオンとして提供している。前回のキャンペーンで購入した人たちには本キャンペーン終了後に改良版ファイルが送付されるので、今回のキャンペーンでこのアドオンを購入する必要はないとしている。

STLファイルの価格は5ユーロ(約680円)からで、出荷は2022年7月の予定だ。ただし、STLファイルの営利目的転売や大量生産用の金型作製、3Dプリントした完成品を小売店に販売することなどは禁じている。

The scenic libraryプロジェクトは、2022年4月6日までクラウドファンディングを実施中。2022年4月4日時点で、目標額1200ユーロ(約16万円)を上回る約2万6000ユーロ(約360万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る