新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「学研の科学」が復刊——創刊号のキットは「水素エネルギーロケット」

学研プラスは、実験キット付き科学書籍「学研の科学」を復刊すると発表した。

photo

ふろく付き学年誌「1年~6年の科学」は、1963~2010年にわたって刊行されていた。科学の変わらぬ価値を伝え、子どもたち自身の手で新しい未来を作っていくことを願い、学研の科学を復刊することになったという。

photo

新しい学研の科学は、実験キット、本誌、学習まんが「ひみつシリーズ」に加えて、オンラインコミュニティ「学研の科学 あそぶんだ研究所」でのワークショップやイベントがセットとなっている。

photo

2022年7月7日発売予定の創刊号のキットは、「水素エネルギーロケット」だ。電池を使わずに手回しで発電し、水からつくった水素を爆発させて飛ばすロケットだ。爆発は発射管の中だけで起こる安全設計なので、安心して飛ばせるという。

photo

学研の科学 あそぶんだ研究所は、読者と編集部が一緒になり、科学で遊び尽くすオンラインコミュニティサイトだ。自宅からワークショップやイベントに参加したり、不思議に思ったことを編集部に質問できるという。ひみつシリーズは、1冊のまんがを通して楽しく知識が身につくという、学校や図書館で小学生に人気の学習まんがだ。

photo

セット内容は、実験キット(組み立て)、オンラインコミュニティ学研の科学 あそぶんだ研究所、本誌、学習まんが ひみつシリーズ。A4変形判74ページ(本誌)で、定価は2970円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る