新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「学研の科学」が復刊——創刊号のキットは「水素エネルギーロケット」

学研プラスは、実験キット付き科学書籍「学研の科学」を復刊すると発表した。

photo

ふろく付き学年誌「1年~6年の科学」は、1963~2010年にわたって刊行されていた。科学の変わらぬ価値を伝え、子どもたち自身の手で新しい未来を作っていくことを願い、学研の科学を復刊することになったという。

photo

新しい学研の科学は、実験キット、本誌、学習まんが「ひみつシリーズ」に加えて、オンラインコミュニティ「学研の科学 あそぶんだ研究所」でのワークショップやイベントがセットとなっている。

photo

2022年7月7日発売予定の創刊号のキットは、「水素エネルギーロケット」だ。電池を使わずに手回しで発電し、水からつくった水素を爆発させて飛ばすロケットだ。爆発は発射管の中だけで起こる安全設計なので、安心して飛ばせるという。

photo

学研の科学 あそぶんだ研究所は、読者と編集部が一緒になり、科学で遊び尽くすオンラインコミュニティサイトだ。自宅からワークショップやイベントに参加したり、不思議に思ったことを編集部に質問できるという。ひみつシリーズは、1冊のまんがを通して楽しく知識が身につくという、学校や図書館で小学生に人気の学習まんがだ。

photo

セット内容は、実験キット(組み立て)、オンラインコミュニティ学研の科学 あそぶんだ研究所、本誌、学習まんが ひみつシリーズ。A4変形判74ページ(本誌)で、定価は2970円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る