新しいものづくりがわかるメディア

RSS


音声制御で自動変形——プログラミングできるロボットトイ「フラッグシップ オプティマスプライム」

Robosen Roboticsは、トランスフォーマーのロボットトイ「フラッグシップ オプティマスプライム」の予約販売を再開する。

photo

フラッグシップ オプティマスプライムは、日本語版の開発により当初の発売予定から遅れていたが、日本語版の開発が完了したため、予約を再開することになった。

今回は、フラッグシップ オプティマスプライム(日本語版)とFlagship Optimus Prime(英語版)の両方が予約可能。いずれもタカラトミーのライセンス許諾を受けて開発された商品だ。

photo

フラッグシップ オプティマスプライム(日本語版)は、音声とアプリ制御・自動変形・プログラミングなどを楽しめるロボットトイで、60のマイクロチップ、27のサーボモーター、5000以上のパーツで構成されている。日本仕様では、オプティマスプライムならではの音声や動作など、創意工夫が凝らされているという。

40以上の音声またはスマホアプリの操作コマンドがあり、自動変形、二足歩行、パンチ、腕立て伏せなどのアクションを楽しめる。スマホアプリを利用する場合、カスタマイズモードでは、アクションのカスタマイズを自分でプログラミングができる。

photo

サイズは、ロボットが482×297×163mm、トラックが170×178×358mm、重量2.8kg、毎分約36mの速度で走行できる。日本語版と英語版では、音声、マニュアル類、アプリの言語が異なる。

予約特別価格は9万9980円、一般販売価格は11万9900円(いずれも税込)。特別価格販売期間は2022年4月13日20時~5月8日24時。商品到着日は2022年6月末の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る